園藝地獄

終わりの見えない植物栽培記

エケベリア・ローラが開花するし脇芽を増やすし

ローラちゃんの花が艶めかしく咲きました。裏と表で色の違う花びらが可愛いやら色っぽいやらでドキドキしちゃいますね。 それから脇芽が大きく育ってきて鉢の中で窮屈そうにしてたので外しました。これで風通しが良くなる。これからの季節に必要な処置です。…

白魔が順調に成長しているようで

去年より格段に葉が大きく育ってる白魔。気が付けば葉数を増やそうとしているではありませんか。 根本付近から古い葉の隙間をこじ開けるようにしてニュニュッと出てる。今年は飛躍してくれそうだな。

春の陽気に誘われ、エレファントリザ・バーキー、始動す

バーキーちゃんが冬の休眠期からお目覚めです。危なげなく冬を越せたので良かったです。 冬の間は室内の日当たりのいいところで週イチペースでチョロっと水やりしていた程度。葉が落ちて枝の先が多少枯れたくらいのダメージで済みました。 新芽は生きてる枝…

パキコルムス・ディスカラー全滅!!!!!

ふぁっきゅー昨晩カビの発生を確認したパキコルムスですが、今朝方見てみるとお腐れになられておりましまし…… これにて今回のパキコルムスの実生株は全滅となりました…… 悲しい……いっぱい悲しい……これで二度挑戦して二度とも失敗、その上どちらも播種から一…

パキコルムス・ディスカラーにカビがあああああああ

本葉が出始めたばっかりでそりゃないよ! 子葉にカビ!ふわっふわの綿菓子みたいなカビが!!ひとまずベンレート溶液で殺菌して、余分な水っ気はティッシュで吸い取って一晩様子見だね……。昼間温かかったからなああああ カビも育つよなあああああ お願いだか…

パキコルムス・ディスカラー、本葉の芽生え

唯一生き残っている実生のパキ子(パキコルムスを勝手にそう呼ぶことにした)(オスとかメスとかあるの……か?)が本葉をチラつかせてきました。子葉が出てからなかなか動きがあるようでないようなペース感。 う〜ん、焦らし上手〜と、同時に、どういうわけか…

フィカス・イリキナが無事発芽

プラカップ実生床で播種したフィカス・イリキナが芽を出しましたよ。やりました。正確には昨日の時点で出てたんですけどね。昨日は発芽を確認するだけしてソッと蓋を閉じました。それはともかく、1mmにも満たない小さな種から、小指の爪の先程もない小さな…

フィカス・イリキナ発根!フィカス・イリキナ発根!

播種から二週間で出ました!フィカス・イリキナがようやっと発根した! 同時に2個も出た!めでたい!ブッダの誕生日(4月8日です)に動き出すとはなんたるおめでたさ!合掌!チーン画像をアップしてはみたものの、蒔いた本人しか分からないような些細な変…

ヘンリーヅタ復活への道を探る

ずっと水差しにしてたヘンリーヅタがなかなか発根しない割にしぶとく生き残ってるので、もういい加減あったかい季節だし土に植えることにした。かといってあんまり環境を整えすぎると死ぬほど増えるので、底穴のない鉢に植え込んで制限をかける。現状ちょう…

エケベリア・ローラがもうじき開花しそう

もうこの時点でめっちゃ可愛くないですか!???この蕾が順番に咲いていくんですよ!!??すごくない!???溢れんばかりの女子力にクラクラでございます。さっさと咲けや。(唐突な高圧的態度)

エンタンドロフラグマ・カウダツム実生株の近況

我が家の実生株としては最古参になる3年目のエンタンドロフラグマ・カウダツム、春を迎えて何やら幹の色が茶褐色になってきた。日焼けしただけかな?日焼けにしては幹の上部は色の変化がないからそれもおかしいか。ちょっとよく分からないですね。 発芽には…

トックリラン断髪式

冬の間に外に出してたトックリランの葉がすっかり枯れてしまった。株自体に張りはあるから季節が来ればまた生えてくるんだろうけど、このままにしておくのも見栄えが悪いので他の鉢の剪定ついでに勢い切っちゃう。(ほんとは全然剪定しなくていいと思うけど…

アデニウムの断頭式

2歳にもならない実生株のアデニウム。 初の剪定です。春なので思い切ります。一年目かなり成長不良でコジンマリしてたこいつらも、昨シーズンで剪定が必要なくらいに立派に徒長してくれました(白目) まさかね、冬の間の室内管理でもスクスク育つとは思って…

パキコルムス・ディスカラー、実生苗が早速撃沈

疲れて仕事から帰ってきてみたらこれですよ。 子葉が展開するかしないかってところまで来てたのに、前触れなく根から腐り落ちてあっという間にご臨終です。 気軽に腐りすぎでしょうよ。カジュアルか。死すら普段着感覚か。以前パキコルムスを実生した時とほ…

年度明けと同時にパキコルムス・ディスカラーが発芽したぞ!!!

発芽ーー!!!先週の日曜に播種して昨日発芽を確認しました!発根から葉を展開し始めるまでに数日かかったけど、まあ順調と言っていい範疇でしょう。 他の種も芽吹きました!これで5個中2個の発芽です。割合にすると40%なのでなかなか個人的には安心感の…

オキザリス・ギガンテアの枝葉が延びすぎている件について

見るからに延びすぎです。 株を中心に半径20cmはあります。花をたくさん咲かせてくれるから大目に見てたけど流石に邪魔だわ。可愛さにも限度というものがあるのです。他の子の様子が見辛くなるからやめてほしいですね。オキザリス自身が取り回しにくくなっち…

ジャカランダ再起動

ちょっと前にジャカランダの古い枝を剪定して春を迎える準備を済ませていたのですが、ようやく新芽が出てくれるようです。 幹の節目から寒そうな色した新芽がチョロっと出てました。青々した葉じゃないのでまだ時期が早いんじゃないかなーと思わなくもない。…

走るー走るー オロスタキス〜〜

冬の間、ギュッと閉じてた葉がパッと開いたと思ったらランナーが走り出しましたよ。 ランナーの先に新しい株が出来て、そこからまた増えるというネズミ算方式。 ここからまたたくさん増やせると思うと楽しみですなあ。簡単に増やせて、かつ可愛いだなんて素…

センペルビブム・シー・ウィリアムがにわかに大きくなったような

冬の間、じっとしていたウィリアム王子(僕が勝手に王子と呼んでます)がのそのそと動き出したご様子。正直定期的に眺めてないと分からないくらいの変化しかしてないけど変化には違いない。まあね、王子は火星人の鉢に間借りしてる身分だからあんまりグイグ…

パキコルムス・ディスカラー、無事発根!

今朝、パキコルムスの発根を確認しました。 日曜に蒔いて3日目に発根なら上々の結果ではないでしょうか。前回は2日で発根、3日目には発芽までしたので、今回も同様のテンポの良さで行ってほしいものです。現状では1/5の発芽率が、今後どれだけ上がるやら…

春の播種祭り(パキコルムス・ディスカラー&フィカス・イリキナ)

今年度も残りわずか。 桜の開花宣言もなされ、季節は一歩一歩春へと向かっているわけですが、まだまだ夜は寒いし日中もマフラーを巻くか巻くまいか迷う日もちらほらある今日この頃です。冬とも春とも言いきれないどっちつかずのこの季節、園芸者は重い腰を上…

順調そのものシゾバシス

ニョキニョキ延びております。系統樹みたいでカッコ可愛いですね。上の方だけ明るい黄緑色なのもいい。なんていうか、鮮!って感じ(伝わらないニュアンス)。 よく見ると枝の先端に花芽が出ていた。 うーん、地味!ここから楚々とした花がパッと開くから今…

咲き乱れ!オキザリス・ギガンテア

よく咲いております。目に見えて徒長してていっそ愛らしく思えてきた。葉芽も花芽も次々に芽吹いてて正に春爛漫と言ったところ。この分なら4月いっぱいくらいは花が咲き続けるんじゃないか?去年はこんなに咲かなかったから今年は何かの条件がピタッと合った…

動き出すフレボディウム・オーレム

一時期シダ植物にハマってたくさん集めてたけど唯一残ってるのがこいつ。シダ植物の魅力に気付かせてくれた恩人(?)でもある。 薄暗いところでも元気に育ってくれるからありがたい存在です。育て始めて何年目だっけな。勝手が分からないなりに世話をして、…

徒長して怪物と化したユーフォルビア・グロボーサ

ユーフォルビア・グロボーサの特徴であるコロコロした球状の幹など見る影もなく、すっかり徒長しきっております。改善の方法が分かりません。っていうか買ったときから大分間延びしてたんだけどね。その分割安になってたから買ったんだけど……。それにしたっ…

蕾ラッシュ!オキザリス・ギガンテア!

オキザリスの勢いが止まらない。 双子の蕾なんてザラにあることらしく、そこかしこで同時多発的に出てきて僕ぁびっくりだよ。春爛漫ですなあ。徒長してるかなーとも思わなくもないけど本来の姿をよく知らないので気にしないことにする。幹そのものは引き締ま…

今回のアイビーの剪定はアブラムシ駆除と同義であるからして

冬の間にアブラムシのアジトと化したアイビー鉢。室外機の風がもろに当たる屋外でもしっかり生き残るアブラムシのタフさには恐れ入った。 こいつらは柔らかい新芽のところに集まるので、伸びすぎた枝葉を剪定するついでに駆逐してやった。 before画像だと分…

越冬を果たしたブルセラ・ファガロイデス

葉を落として爪楊枝並の棒切れと化していたブルセラ・ファガロイデスが今季初の新芽を吹きました。 小さな苗だから枯れてしまわないか不安だったけど、いや〜〜よかった。無事に越冬できて本当によかった。 日当たりのいい室内の窓際で、週一回くらいの頻度…

オキザリス・ギガンテア、更に開花

オキザリスの2つ目の花が咲いたぞ。 この花、実は途中から別の蕾が出てきてる双子ちゃんでして、同時に咲くことは叶わないもののなんとなくお得な気分になれる。と、今更気付いたけど、こんなにも葉が茂り花がガンガン咲いちゃったら植え替えるにも植え替え…

春の予兆としての麗虹玉の脱皮

リトープスの麗虹玉(れいこうぎょく)です。我が家のメセンで最後まで動きのなかったこいつも無事に脱皮を開始してくれた。先週には春一番も吹いたことだし、いよいよもって春の訪れを感じる。地割れの底に灼熱のマグマが覗いているかのような模様がかっこ…

分岐を開始したシゾバシス・イントリカータ

先日新芽を出したシゾバシスが、早くも枝分かれし始めた。かわいい。 こうして二股に分かれた枝がまた二股に分かれ、その先で更に二股に……っていう、枝分かれの仕方の明快さがとにかく好きなヤツなので、オンシーズンを迎えてからというもの、ついつい眺めて…

断崖の女王はお寒いのがお嫌い

床に近いところに置いているせいか、部屋の寒さがダイレクトに当たって次第に葉が枯れてきてしまった。新葉が出てきてるから油断してたね。 断崖の女王は枯れ葉も毛がフサフサなのな。 葉の付け根の断面が真っ赤で、白茶けた枯れ葉の色と相まってなかなか面…

花芽を増やして女子っぷりを上げるエケベリア・ローラ

花芽がゆっくりと上がり出すと当時に、もう一つ花芽が顔を覗かせた。いっぱい咲いては欲しいけど、体力を消耗するから無闇に花を咲かせると弱っちゃうジレンマ。冬の深まりと共に葉色の黄色味が増している。紅葉してピンクになった葉先が可愛いですね。女子…

【花が】オキザリス・ギガンテア開花【咲いたよ】

蕾が出たと思ったらあれよあれよと言う間に開花。鮮やかな黄色が眩しいですね。 次の蕾がいくつか出てきてるのでしばらく楽しめそうだ。日中しか花が開いてないから朝と土日にしか観察できないんだけどもね。この花が咲き出したってことは、もうぼちぼち春先…

開花待機中のオキザリス・ギガンテア

オキザリスちゃんの蕾がようやっと出た。 去年より2ヶ月ほど遅い。葉は色艶よく茂ってくれてて元気いっぱいで、花が咲くのを今か今かと待っておりました。栄養状態があんまりよくないかなー、今年は花は無理かなーとも思ってた。オキザリスちゃんの底力を見…

エレファントリザ・バーキーがいつのまにか落葉

バーキーちゃん、冬の寒さで葉が全部落ちちゃった。床に近いところに置いてたのが良くなかったか。とはいえ昨シーズン40cm近くまで延びた枝はまだまだしなやかさを失っておらず、枯れるどころか来シーズンもそのまま成長してやろうって気概が感じられる逞し…

ユーフォルビア・シンメトリカが思ってたのと違う動き方をし始めた……

動かざること置物の如し、こちらのシンメトリカですが、鉢を回さずに放置してたら変形し始めちゃったので慌てて鉢を逆向きにした。 こんな形で成長に偏りが出るとは思わなんだ。できれば扁平かつ対称な形のまま大きくなってほしいからね。なんだかんだでお世…

白閃小町の偏り

室内の日当たりのいいところで育てているこのサボテン、なんだかんだ冬だし成長も鈍るかと思いきや、気づいた頃には思いっきり窓に向かって傾いちゃっててえらいこっちゃですよ。冬場でも鉢はくるくる回さないと駄目なんだねえ。 よくよく見たら成長点も動き…

ヘンリーヅタは水差しでも紅葉する

引っ越し時に母に進呈したヘンリーヅタの枝を一本切って水差ししておいたものが紅葉していた。 実家に残してきたヘンリー。11月時点。発根を優先したかったから紅葉してほしくなかったんだが赤くなっちゃったものはもう仕方あるまい。室内の温度計はどんなに…

アルギロデルマ・ペアルソニーの実生株が今年も脱皮開始

こいつはいつ見ても青々してて爽やかで、パックマンみたいな姿形も可愛らしくてね、どうにも好きなんだよ。そんな彼らも脱皮の季節でございます。 魔玉と同日に播種したもので、淡々とした成長具合といい扱いの楽さといい、僕のようなズボラーマンにはとても…

シゾバシス・イントリカータの新芽がニョロっと出た

放っておいたらいつの間にか芽が出てた。ニョロリ。 去年も1月末には新芽が出てたから、引っ越しによる環境の変化を加味すれば順当といったところでしょう。ここからワッと枝が伸びて2ヶ月もすればニョロニョロの立派な枝ぶりになるんだよな。いやあ、安定…

枯死寸前のソフォラ・ミクロフィラ、緑を取り戻す

ろくに育て方も検索せずに育ててるせいで常緑なのに葉が枯れること枯れること。葉の落ちた枝先が枯死していたことから、水不足を疑って週イチの水やりを3日ごとにしてみたら見事的中、新芽が出てまいりました。 検索してみたら乾燥に弱いとのことだったので…

今年もフーケリー・スザンナエが脱皮を開始

スザンナエが脱皮を開始。今年は分頭してくれるんだろうか。 脳みそみたいな外見がいつ見てもグッド。あまり世話を焼くこともなくこれまで勝手に育ってくれている。 去年はウォッカのドクロ型の瓶の頭の部分を切って水耕栽培できるようにし、脳みそに見立て…

群星冠の開花

サンサンと降り注ぐ容赦無い日差しと乾燥した空気の支配する真冬のベランダで、葉焼けしながら花を咲かせてくれた群星冠を褒め称えたい。 うちのベランダ、乾燥レベルだけ見ればマジでちょっとした極地みたいになってるからな。ただでさえ寒さに弱いユーフォ…

火星人の冬入り(遅い)

火星人の葉が落ちた。枯れだしたら早いな。外に出しっぱなしなのにいつまでも青々としてるから逆に心配になってたところだった。ようやく季節相応の姿になってくれた感じはある。 落葉のタイミングが悪いから即座に断水はできないな。2月半ばに軽ーく土を湿…

ユーフォルビア・オンコクラタの覇気がない。目に見えて覇気がない。

もしやあなたこの冬一番の寒波にやられましたね?ちょっと前までモリモリ育ってたのに、ものの見事に枝の真ん中で半分になってしまった。 ひょっとしてこのベランダ、霜が当たっちゃってるのかなあ。結構軒下は広く見えるんだけどなあ。幹そのものはまだピン…

リプサリス・グランディフローラが一株融ける

外に出しっぱなしにしてたのがよくなかったんですね……。完全に僕の落ち度です……。先週までピンピンしてたのにいきなりこれよ。挿し穂から始めて少しずつ育ててきたからここで終わりたくない。室内に取り込んだからなんとか春まで持ちこたえてほしい。新芽が…

冬もみじが冬将軍に負けた件

「冬もみじ」なんて名前なのに冬の寒さにやられたんですけど!? 季節外れの花が咲きそう咲きそうと言ってたら蕾のまま年を越し、様子見を続けてたら先日の大寒波でガッツリやられた格好です。信じてたんだけどなあ。冬もみじ……名前に冬ってあるのに……。あの…

落葉し始めたフィランサス・ミラビリス

室内の日当たりのいいところで比較的好条件で維持できてる。 とはいえ冬であることには違いないので落葉くらいはするのです。ハラハラと徐々に落ちていく、至って正常な反応。完全に落ちきる直前頃にちょっとだけ水やりしたらあとは春に動き出すまで放置だな…

七宝樹錦の冬の彩り

冬の寒さが厳しさを増すと共に紅葉を深めていく七宝樹錦。フリフリの葉がどんどんピンクになっていく。この七宝樹は僕が勝手に我が家の女子力番長(ネーミングが女子力ゼロ)に任命してるんだけど、ちょっと昨シーズンは肥料が足りなかったかなと今更ながら…