読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

園藝地獄

終わりの見えない植物栽培記

枯死寸前のソフォラ・ミクロフィラ、緑を取り戻す

ろくに育て方も検索せずに育ててるせいで常緑なのに葉が枯れること枯れること。葉の落ちた枝先が枯死していたことから、水不足を疑って週イチの水やりを3日ごとにしてみたら見事的中、新芽が出てまいりました。 検索してみたら乾燥に弱いとのことだったので…

今年もフーケリー・スザンナエが脱皮を開始

スザンナエが脱皮を開始。今年は分頭してくれるんだろうか。 脳みそみたいな外見がいつ見てもグッド。あまり世話を焼くこともなくこれまで勝手に育ってくれている。 去年はウォッカのドクロ型の瓶の頭の部分を切って水耕栽培できるようにし、脳みそに見立て…

群星冠の開花

サンサンと降り注ぐ容赦無い日差しと乾燥した空気の支配する真冬のベランダで、葉焼けしながら花を咲かせてくれた群星冠を褒め称えたい。 うちのベランダ、乾燥レベルだけ見ればマジでちょっとした極地みたいになってるからな。ただでさえ寒さに弱いユーフォ…

火星人の冬入り(遅い)

火星人の葉が落ちた。枯れだしたら早いな。外に出しっぱなしなのにいつまでも青々としてるから逆に心配になってたところだった。ようやく季節相応の姿になってくれた感じはある。 落葉のタイミングが悪いから即座に断水はできないな。2月半ばに軽ーく土を湿…

ユーフォルビア・オンコクラタの覇気がない。目に見えて覇気がない。

もしやあなたこの冬一番の寒波にやられましたね?ちょっと前までモリモリ育ってたのに、ものの見事に枝の真ん中で半分になってしまった。 ひょっとしてこのベランダ、霜が当たっちゃってるのかなあ。結構軒下は広く見えるんだけどなあ。幹そのものはまだピン…

リプサリス・グランディフローラが一株融ける

外に出しっぱなしにしてたのがよくなかったんですね……。完全に僕の落ち度です……。先週までピンピンしてたのにいきなりこれよ。挿し穂から始めて少しずつ育ててきたからここで終わりたくない。室内に取り込んだからなんとか春まで持ちこたえてほしい。新芽が…

冬もみじが冬将軍に負けた件

「冬もみじ」なんて名前なのに冬の寒さにやられたんですけど!? 季節外れの花が咲きそう咲きそうと言ってたら蕾のまま年を越し、様子見を続けてたら先日の大寒波でガッツリやられた格好です。信じてたんだけどなあ。冬もみじ……名前に冬ってあるのに……。あの…

落葉し始めたフィランサス・ミラビリス

室内の日当たりのいいところで比較的好条件で維持できてる。 とはいえ冬であることには違いないので落葉くらいはするのです。ハラハラと徐々に落ちていく、至って正常な反応。完全に落ちきる直前頃にちょっとだけ水やりしたらあとは春に動き出すまで放置だな…

七宝樹錦の冬の彩り

冬の寒さが厳しさを増すと共に紅葉を深めていく七宝樹錦。フリフリの葉がどんどんピンクになっていく。この七宝樹は僕が勝手に我が家の女子力番長(ネーミングが女子力ゼロ)に任命してるんだけど、ちょっと昨シーズンは肥料が足りなかったかなと今更ながら…

エケベリア・ローラに初めての花芽

脇芽がモリモリ大きくなってるローラちゃん。冬になって黄色味が増してきて女子力上がってる。そんなローラちゃんに花芽が吹いてきた。 可愛らしい花芽が恥ずかしそうに顔を覗かせている。何色の花が咲くかは咲いてからのお楽しみ。検索すれば分かることでは…

新たなる魔玉の覚醒(めざめ)

魔玉が次々に葉を出してきた。めっちゃいいペースですね。ここまで至って順調。 今までコノフィツムを散々枯らしてきたからもっと難しいイメージあったけど、種類によって難易度にかなり差があるってことなのかな。少なくとも魔玉は自分に合ってるみたいだ。…

ねんがんのフィランサス・ミラビリスをてにいれたぞ!

何年も欲しいと思いつつも値段の高さと管理温度の維持の難しさから購入を躊躇していたフィランサス・ミラビリスをついにお迎えした。いやー可愛い。丸葉好きにはたまらん。塊根好きとしてもたまらん。 葉色の個体差が大きく、緑系から褐色系まで様々あるらし…

新年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。園芸店もあちこちで福袋やら初売りセールやらやってるようですね。行かなかったけど。 それはそうとして三ヶ日を平穏無事に過ごせましたのでノソノソと活動再開でございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 新し…

2016年の総括

さて、今年も色々変化がある年でしたな。枯れたり咲いたり食われたりあちこちでトラブルの絶えない楽しい我が庭。引っ越しの際には一斉処分もした。念願叶って植物ネタの本も作った。 そんなこんなの一年を大雑把に振り返りながら来年に向けて方針の確認でも…

【祝】実生の魔玉から新葉が出始めた

2014年の11月末に播種した魔玉がやっとこさ新しい葉を出してくれた。めでたい。なによりめでたい。目に見えた成長が分かりづらい種だけにこういう変化は嬉しいね。仕事のストレスでイライラしてたのが一気にどうでもよくなったもの。自分で種から育てている…

ふわふわモフモフの白兎耳が成長期でもっとふわっふわに

まるで羊毛フェルトのような白兎耳の葉。いつ見ても可愛い。安定してプリティ。葉先の小さな茶色のワンポイントが憎い。(可愛い)寒くなってきて徐々に新葉を展開し始めているようだ。来年には植え替えて、他のカランコエ共々増やしたいところだね。兎耳シ…

断崖の女王陛下、新芽のおな〜り〜〜

女王陛下!恐れながら申し上げます!今はもう12月末、冬でございます!暖かい季節の成長期はとうに過ぎております!新芽を出してる場合ではございません! 部屋の中は快適でありましょうが物事には順序と時と場合がございます!然るべき時に芽吹いてこそ真価…

火星人の葉の連なり

寒くなっても微妙に成長を続ける火星人。ツルの先に葉がまとまってついてなんとも言えず可愛い。関東なら屋外の軒下で越冬できることは去年実証できたので、このままベランダで過ごしてもらう方針。 来年は枝数を増やしたいし春先にでも剪定しようかな。至っ…

白魔、起動

山の如く動かざる白魔がついに重い腰を上げてノソノソと新葉を出し始めた。 去年の10月に軽井沢の錦玉園で買ったもの。当時はこんなに小粒だった。 成長がとにかく遅いとは聞いてたけどこういうペースか。 元気なのが確認できたからいいようなものの……。もっ…

ディオスコレア・シルバチカ、屋内置きなのをいいことに成長を開始

12月も半ばだというのに部屋の中の棚上だと日中20℃近くまで室温が上がることがある。そんなだからこちらの方は成長期も過ぎようって頃なのにぬくぬくとお過ごしのご様子。 垂れ下がった自身のツルに絡まってさかのぼり始める始末。こいつももうじき播種から…

コノフィツム・シネレオビリディスの花色がちょっと変化したご様子

タイトルの通り。今月に入ってから咲いた花が、時間経過と共に大分ピンクピンクしてきた。 こちらが12/3時点の花色。 画面の明るさの違いはあれど、どちらかと言えばオレンジ寄りのピンクをしているのが分かると思う。色が抜けてきたとも言えるのかも知れな…

コノフィツム・宇田朝臣、既に花が萎れかけており……

宇田朝臣が咲いたと思ったらあっという間に萎れ始めたわ。はやーい。ちゃんと花開くのが日中の短い時間だけなんだからせめて長く楽しませてくれ〜〜

コノフィツム・シネレオビリディス、開花再び

今季二つ目の開花となるシネレオビリディス。 一斉に花開いてお花畑になるにはまだ遠いようで。この花色も嫌いじゃないけど、こうして眺めていると欲が出てくるもので、色とりどりの花がパ〜っと咲いてくれたらキレイだろうなあなどと思ってしまったりする。…

七宝樹錦がほんの少しだけ色付いてきた

ただでさえフリフリで可愛い七宝樹が冬に向けて紅葉し始めてもっと可愛くなろうとしている。 葉の大部分に斑が入って白くて甘々でいい感じのところに、ピンクの差し色を入れちゃおうっていう女子力の高さよ。 これは勝てない。強い。春に節のところで折れて…

リプサリス・グランディフローラに新芽が

棒きれみたいな状態で買って一年半ほど。去年の今頃にも新芽が出た(すぐにもげてしまった)から、調子は安定してるのかな。少しずつ大きくなってくれている。今年の春に有機質を増やした土に植え替えてるから今季の成長には期待してる。 今年はもげないでく…

冬もみじったらまた徒長して……

成長期なのに部屋の中に置きっぱなしにしてたら容赦なく徒長した冬もみじ。もはや別品種のような趣がある。 これみよがしと言うか、こちらのだらしなさを責め立てるかのような見事な徒長っぷりに平身低頭の構えでございます……。ご勘弁くだせえ……。 それでも…

【朗報】シゾバシス・イントリカータの傷がほぼ消えた

昨年、鳩かカラスについばまれて(食べられてはいない)このような酷い姿になってしまったシゾバシスが、一年かけて勝手に傷を治していたご様子。 心なしか全体にムチッとしたかな? 深く抉れた傷が内側から膨らんで治ったような感じ?古い皮を脱ぎ捨てるよ…

宇田朝臣の花芽がニョッキリ

宇田朝臣がほぼ開花。 梅雨頃に分頭したから今年は花が2つ付く。お得感も2倍で喜びも2倍。こいつを買った一年前の時点では、いくら検索しても全然情報が出てこなくて管理法もろくに分からず途方にくれたものだけど、今はほんのちょっとだけ引っかかってくれ…

ブルーベリーも紅葉

撮影したのは一週間前になります。 ブルーベリーが今年も真っ赤に染まりだした。こいつはろくに植え替えもしてないのによく育つ。若いシュートだけ葉が緑のままなのは活動が活発だからだろうか。無軌道な若い力は秋の冷え込みも跳ね返すのかね。こいつは交配…

コノフィツム・シネレオビリディス開花

待ってた。仕事してると日中眺められないから見過ごしてた。きっともう何日も前に咲いてたんだろう。ちょっと萎びかけてるけどまだ賞味期限内(?)でしょ。 鮮やかな橙色の花が咲きました。めでたい。めでたい。

パキコルムス・ディスカラー実生株、最後の一つがご臨終

あーああ〜〜〜あなんということだ。残念すぎる。 今朝まで元気だったのになあ。新居に移動する道中に力尽きたか。ダンボールの中では厳しかったってことか……。今回の引っ越しに際してあれこれと植物に損害が出たけどその中でも一番ショックだわ。そもそも播…

コノフィツム・シネレオビリディスの花芽が出た

ニュッと出た。買ったのが去年の年始めで、どういう訳かその年は花を付けなかったんだよね。今年は機嫌がいいのか一つだけ花芽を出してくれた。ニュッと。 一つだけってのがまた「しょーがねーから咲かせてやるよ」とでも言いたげで小生意気ですな。尻みたい…

開花した巻絹、勢い止まらず

一ヶ月前に開花した巻絹が未だに花を付けている。まあよく咲くこと。 次から次へとポンポン咲くから小気味いいな。センペルビブムは花が咲かないと勝手に思ってたからすごく儲けた感じ。ランナーも遠慮のない勢いで増やしまくってるし、上手に育てれば花畑み…

パキコルムス・ディスカラー、残存兵力1

なんということでしょう……まともに発芽した2個のうち1個が突然腰から折れてしまった。心当たりとしては、葉の変色。 数日前、殺菌のための霧吹きの水滴が一日中葉に付いたまま乾かず、そこが傷んで茶色く変色したことがトリガーとなり、そのまま坂道を転げ落…

ジュエル・オーキッド起死回生

ボロボロ……。酷いものでしょう……?葉っぱは萎れ茎は徒長しちゃってもう……。花が咲いたあとに調子を崩すことがあるらしく、この株もまさしくその通りの経過を辿っているあたりネット情報も馬鹿にはできないものです。ただこの株に関して言えば、暑い夏に室内…

エンタンドロフラグマ・カウダツムの粘り強さに感嘆

卑劣極まる憎き芋虫により、全ての葉を蝕まれ変わり果てた姿になってしまったエンタンドロフラグマ・カウダツムが、どんな逆境にも決して挫けぬ不屈の闘志の結実、眩いばかりの新芽を吹いたではありませんか!眩いとか言ってアレだけど。曇ってるから画面暗…

スケイポサスの目覚め

生育期ということでスケイポサスが覚醒〜。 葉の表面に繊維質の白い膜を張って日差しから身を守っているのだけど、ところどころ破れちゃってて台無し感がすごい。ばっちりキレイに育てられたら見応えあるんだろうな。夏場の放置栽培法(そんな言葉はない)の…

コミフォラ・モリス、今更成長期?

ちょっと前に新芽を出して葉を展開しだしたなーと思ってたら、幹もちょっとだけ成長してた。 夏が成長期だと思ってたんだか違うのか。そもそも成長がすごく遅い種類だと聞いてたし、いくら時期だからってシーズン開始直後に2〜3cm伸びるとは全然思ってなかっ…

イエローマジックが徐々に黄色に

ユーフォルビア・ミルクブッシュの変種で、寒くなると紅葉するイエローマジックが今年も色付き始めた。 この株は、黄色からオレンジ、そして濃いコーラルピンクへと変わっていくので、色の変わらない基本種の株と隣合わせて並べて変化の差を楽しみたいところ…

クッソニア・ズルエンシス、急速に失速

寒くなると葉を落とすとは聞いてたけどさすがにこの感じは落葉ではなく萎れた感じだろう。 うそーん。何がいけなかったの?そもそも夏の間全然成長しなかったぞこいつ。まだ幹はしっかりしてるから、葉が完全に落ち次第いち早く冬支度に入ることにする。来春…

交錯するエレファントリザ・バーキーとディオスコレア・シルバチカ

画像左下から右上へ伸びているのがエレファントリザ・バーキー。濃い緑の小さな丸い葉が可愛い。 右下から直上に伸びつつ、バーキーに絡みついてるのがディオスコレア・シルバチカ。明るい黄緑色のハートの葉がファンシーだけど、あんまり他所様に迷惑かけな…

群卵、開花のお知らせ

群卵がいつの間にか花をつけていました。 なんだかいつも「いつの間にか」って言ってる気がするけど気のせいじゃないです。このブログでは大抵のことはいつの間にか起きています。夏の間ずっと外に出しっぱなしでさほど成長してる様子もなく。 他の鉢植えに…

パキコルムス・ディスカラーの実生床アップデート

播種から3日で発芽したはいいものの、発芽したものとしてないものとで足並みがまったく揃わない。プラコップ実生床には湿度維持のためラップを被せているのだけど、このままでは水滴の付いたラップに子葉が接触してしまう。そうすると葉の呼吸が妨げられて窒…

花銀竜が季節感を出してきた

窓辺に置いてる“悪魔の背骨 ✝デビルズ・バックボーン✝”こと花銀竜がいち早く紅葉し始めた。 紅葉と言っても赤ではなくピンクになるからあんまり風情がないんだけど。幹は濃緑色のままだし。その禍々しい色彩が悪魔的で超カッコイイですよね(同意を求めてい…

ブラキキトン・ポプルネウスもノソノソと起動

夏の間全然成長しなかったブラキキトンがいつの間にか目覚めてた。内部に水を蓄えるボトルツリーだし酷暑期は成長にエネルギーは割かないのかな?涼しくなってから本気出す、みたいな。 繊細な網状脈が美しいですね。 若葉の瑞々しさもいいけど、個人的には…

オキザリス・ギガンテア、再起動

オキザリス・ギガンテアが夏の休眠からお目覚め。このところ朝晩涼しいもんな。他の植物も残暑が終わってノソノソと動き出してたからオキザリスもぼちぼちかなあとは思ってた。ひとまず死んでなくてよかったよかった。 ちょうど一年前に軽井沢近くの錦玉園で…

パキコルムス・ディスカラー、実生3日目で発芽……だと!?

ちょ、待てよ!! はえーよ!!! 昨日発根したばかりだろうが!!!!当然だけど発根した2つだけが芽を出した。 1号。 2号。 元気よくグイッと背伸びしてる。いや可愛いんだけどさ……このままだと遅かれ早かれプラコップ実生床を覆っているラップに頭突き…

パキコルムス・ディスカラー、播種2日目にしてもう発根

先日の日曜に播種したパキコルムス・ディスカラーですが、あの、えっと、もう根が生えました。なにこれ早い。 種を買ってから数ヶ月、なんとなく蒔くのが面倒になってテキトーに常温で放置してたから、場合によっちゃダメになっちゃってるかもなあと思ってた…

パキコルムス・ディスカラー、季節外れの実生【ついでに個人的な実生方法紹介】

さて、蒔く時期でもないタイミングで買っちゃったパキコルムス・ディスカラーの種を、蒔く時期でもないのになんとなく蒔いちゃおうと思う。 ホントは夏が成長期だから春とか梅雨頃に蒔くのがセオリーなんだけどね。でもいい。気にしない。なんとなくでいい。…

【虫画像注意】エンタンドロフラグマ・カウダツム、虫に食われる

気付いた時には丸裸でした。 葉っぱに穴が開いてるな-とは思ってて葉裏を見たりしていたのだけど、どこにも犯人の姿が見えなかったので様子見で放置していた結果がこれだよ。 あまりにもあんまりなお姿。 そしてこの状態にまでなってようやく下手人の姿を確…