読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

園藝地獄

終わりの見えない植物栽培記

今回のアイビーの剪定はアブラムシ駆除と同義であるからして

ヘデラ(アイビー)

冬の間にアブラムシのアジトと化したアイビー鉢。室外機の風がもろに当たる屋外でもしっかり生き残るアブラムシのタフさには恐れ入った。
こいつらは柔らかい新芽のところに集まるので、伸びすぎた枝葉を剪定するついでに駆逐してやった。
f:id:suzu_take:20170318123044j:plain
before

画像だと分かりにくいけど枝先のあちこちに憎きアブラムシが密集しています。
この枝先をパチっと切って形を整えると、同時にアブラムシも駆除されるわけです。実に楽チン。
f:id:suzu_take:20170318123048j:plain
after

見た目はほぼほぼ変わりませんが枝を切り不要な葉をむしりアブラムシごと捨てました。これで安心して春を迎えられる。

とはいえ、アブラムシは一匹でも残ってると単為生殖で増える上に、取り付いてる植物が枯れると羽を生やして移動するという人間サイドからしてみればクソみたいに厄介な超絶生命体なので、ベランダ園芸レベルでは根絶は不可能と言っていい。対抗手段があるとすれば、虱潰しに見つけ次第殺して回るか、忌避剤か殺虫剤を撒くか、天敵であるてんとう虫を飼うかくらいしか方法がない。

僕のようなズボラーマンはそんな七面倒臭いことやってられないので、剪定ついでにゴミ箱へ捨てるくらいの対処しかしません。暖かい季節になってよっぽど、よっぽど気になったら、テープか何かで片っ端からペタペタくっつけて、クシャッと丸めて捨てようと思います。害虫はゴミ箱へ。