読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

園藝地獄

終わりの見えない植物栽培記

攻勢に転じるシー・ウィリアム

ウィリアム王子がどんどんでかくなって、家主である火星人ことフォッケア・エデュリスと肩を並べるほどの大きさになりつつある。居候のくせに生意気だぞ。 その上一斉にランナーを伸ばし始めた。一気に鉢内のイニシアチブを取る戦略か。動きの鈍い火星人に対…

火星人の冬入り(遅い)

火星人の葉が落ちた。枯れだしたら早いな。外に出しっぱなしなのにいつまでも青々としてるから逆に心配になってたところだった。ようやく季節相応の姿になってくれた感じはある。 落葉のタイミングが悪いから即座に断水はできないな。2月半ばに軽ーく土を湿…

火星人の葉の連なり

寒くなっても微妙に成長を続ける火星人。ツルの先に葉がまとまってついてなんとも言えず可愛い。関東なら屋外の軒下で越冬できることは去年実証できたので、このままベランダで過ごしてもらう方針。 来年は枝数を増やしたいし春先にでも剪定しようかな。至っ…

涼やか番長ジャカランダ、火星人に懐かれる

自分の鉢から腕を伸ばしてジャカランダの幹に絡みつく火星人の蔓。お気に入りか。誘引しなくても勝手に巻き付いてくれるのね。 仲良きことは美しきかな、ということで静観を決め込む。 ジャカランダも邪険にしないでね。 今年ジャカランダは涼しい顔してよく…