園藝地獄

終わりの見えない植物栽培記

フィランサス・ミラビリスの葉色の変化に気付く夏

夏です。
半月以上雨の降る日が続き、お盆だというのにいまいち上がりきらない気温。なんとも夏らしさに欠けた毎日をなんとなく物足りなく思いながら過ごしております。
快適なのは結構なんだけどもね。多少は夏っぽくてもいいんだよ。

なーんて植物を育ててる身としてはこのくらいがちょうどよかったりしてね。徒長しない程度に適当に世話して、夏物の大部分を室内管理で済ませちゃおうっていうだらしない魂胆が天に通じたとしか思えませんなあ。いやあ参った参ったガッハッハ

f:id:suzu_take:20170818171340j:plain
夏場は日かげ管理となるフィランサスはこの通り元気です。窓を締め切ってても気温があまり上がらないのでこのような状態をキープできてるんだろうと思う。

ところでタイトルにもあるように、このフィランサスの葉色が購入当初と随分違うことに気が付きましたのでご報告。
f:id:suzu_take:20170818171900j:plain
このように緑がかった暗褐色の激渋カラーですが、改めて過去の記事の画像と比べると驚くほどの差がある。
ねんがんのフィランサス・ミラビリスをてにいれたぞ! - 園藝地獄
このような色の差が出た理由として何が考えられるか。

・購入時が落葉直前の時期だったから(毎年必ず葉色が変わる)
・販売店が完全な屋内で日照量が足りなかったから(日照量によって葉色が変わる)
・栄養状態の差(今年はマグアンプKを撒いている)
・etc...

素人考えにせよ、これらの要因一つでこんなに差が出るとは思えないので、たぶん複合的な理由があるんだろうけど、確かめるにはもう一年様子を見る必要がある。

生育状態は良く見えるし現状大きな問題はなさそうだからもうちょっと長い目で見てみようか。

火星人の一人遊びに付き合わされるミルクブッシュ

f:id:suzu_take:20170813095825j:plain
右から来たツタを右に受け流すの夏。

ミルクブッシュに纏わりついて行き場をなくしていた火星人が、道に迷った挙句元居た方へと帰って行っていた。何がしたかったのお前。
f:id:suzu_take:20170813095836j:plain
そうして引き返してきた先端部と、ツタの途中から出た新芽、そして別のツタとその脇芽がツタ上でもつれ合いぶつかり合って絡まった糸クズみたいな訳の分からない状態になっている。なんなのこれ。

結果的に中継地点として利用されたミルクブッシュにとってはいい迷惑である。

おもむろに斑が出た姫キリン

f:id:suzu_take:20170813094114j:plain
夏の暑さに成長が止まってしまった姫キリン。暑さに負けたわけではないが打ち勝つわけでもない。ただただ耐え忍ぶ季節でございます。
この姫キリンの片隅の幹に白い斑が発生していたのでご報告。
f:id:suzu_take:20170813094120j:plain
若干です。
若っっっ干白い部分があるのがお分かり頂けるだろうか。
f:id:suzu_take:20170813094131j:plain
別角度から。
ワンポイント白い部分があると可愛いもんだね。

しかし急な展開。元々斑の出る株だったんだろうか。
この斑のある部分を切り取って挿し木したら斑入りの株になったりするかな?

淡々と増える白魔

f:id:suzu_take:20170813093341j:plain
白魔がパカッと割れて中から新芽が出てきました。真夏でも微妙にですが一応動きはあるようです。特に断水とかはせず、週に一度の水やりでキープ中。
f:id:suzu_take:20170813093346j:plain
非対称な形がカッコイイ。
どんどん増えて密度を上げてメタボリック建築みたいなゴテゴテ感を獲得してほしいです。

にじり寄るように育つリプサリス・グランディフローラ

f:id:suzu_take:20170806140947j:plain
新芽がまた出ました。ペースを保って淡々と育っています。
淡々と、と言いつつも、二ヶ月ほど前に出た節から今回また新しい芽が出たのでサボテンにしちゃハイペースな気もします。リプサリスの生態をよく理解してないからこれで普通なのかがよく分かりませぬ。
f:id:suzu_take:20170806140953j:plain
全景。
株元が横倒しになってしまっているにも関わらずよく芽が出る。

挿し穂がなかなか定着しなくて育つ気配もなかった頃と比べたら随分元気になってくれたと思う。ただの一本の棒切れが植物らしい形を見せ始めてくれてる。

来年植え替えたら更に勢いが増すだろうか。