読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

園藝地獄

終わりの見えない植物栽培記

剪定したアデニウム・オベスムも動き出しまして

f:id:suzu_take:20170527105029j:plain
新芽がワッと出てきた。へえ〜お前はそんな風に芽を出すのか。
そういえば店で売ってる奴ってこんな感じに株元が太ってて枝がいっぱいに仕立ててあるもんな。なるほど、あれは剪定の結果なのな。ひとつ勉強である。

成長期みたいなのでマグアンプを撒いておきました。しっかり育ちなさいな。

七宝樹錦、増殖す

f:id:suzu_take:20170527105347j:plain
少し前までピンク色に紅葉していた七宝樹錦。
割と水を欲しがるようで週イチの水やりでは間に合わないらしく葉が枯れてきてしまった。それでも活力は漲っているご様子で……
f:id:suzu_take:20170527105354j:plain
株元に新芽。ごろり。
マグアンプを撒いて水をたっぷりやっておいた。年に一節ずつしか成長しない変な奴がまた増える。やったぜ。

三代目巻絹ブラザーズ

f:id:suzu_take:20170527110022j:plain
中央に鎮座ましましている親株から子株が増えて、買ったまんまのビニールポットがいい加減パンパンになってきた感のある巻絹。枯れた花柄くらい外そうよ、の声が聞こえてきそうです。さっさと植え替えろ、とも聞こえてきますね。面倒なのでどっちもやりません。

えーと、この度、子株からランナーが延びているのを確認しました。孫ですね。三代目ですよ。
つまり三世帯同居です。植え替えなきゃですよねぇ……。
f:id:suzu_take:20170527110018j:plain
白くて丸い本体からチョロっと出てる芽、こいつです。これをランナーと言って、この先端が膨らんで新しい株に成長するのです。

それにしても本当に何もしてないのに簡単に殖えてくれるんですねえ。僕のようなズボラーマンにうってつけ。ほくそ笑みが止まりません。
我が家で一番世代交代の激しい奴なので、せっかくだしよく観察して世代数をカウントする事にしよう。

枯れたかに思われていたヘンリーヅタが復活

f:id:suzu_take:20170520115625j:plain
ヘンリーヅタが芽を出しました。
適当に剪定して水差しにしたあと、なかなか根が出ないから業を煮やしてパキラの鉢に突っ込んでおいた奴です。やっぱり土は違うな。しっかり根付いてくれている。
f:id:suzu_take:20170520115617j:plain
でもまあ、植え替えなきゃね……。

攻勢に転じるシー・ウィリアム

f:id:suzu_take:20170520114636j:plain
ウィリアム王子がどんどんでかくなって、家主である火星人ことフォッケア・エデュリスと肩を並べるほどの大きさになりつつある。居候のくせに生意気だぞ。
f:id:suzu_take:20170520114640j:plain
その上一斉にランナーを伸ばし始めた。一気に鉢内のイニシアチブを取る戦略か。動きの鈍い火星人に対して短期決戦で仕掛けるとはなんて卑劣な……!鉢を間借りしている恩を仇で返す気か!